スポンサーリンク

タオバオ転送会社(2)

個人輸入

実際に利用した対応は中国語オンリーの転送会社をご紹介します。

スポンサーリンク

递四海国际快递 

広東 広州にある会社です。

中国語のみの対応ですが、Google翻訳だけで、ほぼほぼスムーズに取引可能でした。最初に100元をデポジットとしてなのか、タオバオを通じて支払います。するとWeChatのアプリでのIDを教えてもらえます。

WeChatなんて初めて聞くアプリでしたが、簡単に登録ができました。WeChatのIDを開くと、自社システムのような画面から荷物の登録を行います。6箇所のお店からの商品を同梱して発送も結構簡単にできました。

こちらのお店も表示より高くはなりました。。

EMS送料

500gまで80元

500gごとに追加18元

2.5kgの荷物だったので152元(≒2600円)でした。支払いはデポジットの100元を引いた分をまたタオバオを通じて支払いました。

手数料は不要です。

現地発送後10日ほどで日本の自宅に届きました。

1kgの荷物の場合は98元(≒1700円)なので、中国語対応となるだけで随分割安感があります。と言っても1kgで400円程度、1.5kgで600円程度、2kgで800円程度、2.5kgで1000円程度の差です。

少量の荷物だったら、日本語対応の方が安心料金としては良いのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました