スポンサーリンク

タオバオ転送会社(3)

個人輸入

前回とは違う、実際に利用した中国語オンリーの転送会社をご紹介します。

スポンサーリンク

項臣国际快递

上海にある会社です。

対応は中国語ですが、WeChatのミニプログラムは日本語表記なので使いやすいです。

WeChatのアプリから『項臣国際』と検索してミニプログラムに入っていきました。

少し日本語訳が変なところもありますが、概ね意味が分かるので大丈夫かと思います。

EMS送料

4.9KGで222元(≒3,800円)

5.5KGで239元(≒4,100円)

手数料ももちろん不要です。

EMSを選ぶことも船便を選ぶことも、他の発送方法を選ぶこともできます。

Tシャツ一枚程度の軽い荷物だと、国内での買い物と大差ない送料になりそうです。

GWも挟みましたが現地発送後10日ほどで日本の自宅に届きました。

約1kgの荷物で750円。

何か困ったことがあればWeChatから、やり取りができます。中国語ですが、翻訳機能を使ってそれなりの会話ができました。

梱包も問題なく簡単に利用できる転送会社なので、代行を利用することを考えるとかなりお得な会社だと思います。

こちらの会社をまた利用しつつ、また更に安い転送会社を見つけました。そちらも利用次第、報告したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました